エクスボーテにはホホバ種子油が含まれていますが、ホホバ種子油(ホホバオイル)という名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

シャンプーやヘアオイルといったヘアケア用品、またハンドクリームやスキンオイルといったスキンケア用品など、多くの商品に配合されているオイルです。ここではそんなホホバ種子油にどのような成分が含まれ、どんな美容効果を発揮するのか、詳しくお伝えしていきます。

ホホバ種子油とは

ホホバ種子油は、ホホバの木に生る実の種子から抽出されるオイルです。ホホバは常緑低木の一種で、主にメキシコ、ペルー、アルゼンチン、オーストラリアなどの砂漠地帯に生息しており、暑さや乾燥に強い性質があります。

オイル特有のベタつきが少なく、サラッとした黄金色のオイルです。

ホホバ種子油の成分と特徴

ホホバ種子油は“ワックスエステル”という脂質が主成分となっています。ワックスエステルは私たちの肌にも30%ほど含まれている、皮脂を構成する成分の一つです。

そのためホホバ種子油 の肌への浸透率は高く、もともと肌に備わっている成分ですから安全性も非常に高いと言えます。他にもオレイン酸やエイコセン酸などの脂肪酸を含みますが、これらの含有量は少なく、酸化しにくいというのもホホバ種子油の特徴です。

ホホバ種子油の美容効果

ワックスエステルが主成分のホホバ種子油は、次のような美容効果をもたらします。

肌の乾燥を防ぐ

ホホバ種子油には肌表面のバリア力を高める効果があります。肌を刺激から守るのと同時に、肌の内側の水分が蒸発するのを防ぎます。その結果、うるおいあるしっとりとした肌にすることができます。

ターンオーバーを促す

肌の新陳代謝のことを“ターンオーバー”と言います。肌のうるおいが保たれると、ターンオーバーもスムーズに行われ、肌荒れの改善や新しい肌の生産が正常に行われるようになります。

ニキビや炎症を抑える

ホホバ種子油には殺菌効果もあり、ニキビの改善にも効果的です。また角質を柔らかくする効果もあるため、毛穴に皮脂が詰まりにくくなり、ニキビのできにくい肌にすることもできます。

ホホバ種子油は万能オイル!?

ホホバ種子油にはいろいろな使い方があります。スキンケア後に数滴ほど肌に馴染ませればカバー力がぐっと高まりますし、化粧水前にブースターとして使うことで栄養や水分が肌に浸透しやすくなります。

他にもクレンジング、ヘアオイル、爪やリップのケアなどにも利用することができます。ホホバ種子油一つでさまざまな美容効果が期待でき、1本持っておくと非常に重宝するオイルです。ドラッグストアでも手軽に手に入りますから、ぜひチェックしてみてくださいね。